授業コンテンツ

キャッチコピーで考える省エネの重要性

博報堂
メイン画像
  • 科目
    総合的な学習の時間
  • 対象学年
    小4小5小6中1中2中3
  • 必要時限
    2時限

こんなときに!

受動的な授業ではなく、クラスメイトと意見を交わしながら省エネについて考えるアウトプット型の授業なので、各教科の授業の中で学んだエネルギーについての知識を振り返りたい、より深めたいときに最適です。

こんなときに

授業事例の特徴

身近なCMや広告を取り上げ、キャッチコピーについて知る・考えるというフェーズがあり、その上でエネルギーについて持っている知識を自分の言葉で簡潔に表現することで、アウトプットすることが可能です。実際の自給率のデータをもとに、どのような行動をすべきかを考えることができるため、実生活の中でもエネルギーや省エネを意識できるような考え方を養います。

学習の目標及び評価の観点

  • 知識・技能

    日本が今おかれている現状について海外諸国との比較や日本のエネルギー自給率推移などを用いて学ぶことで、なぜ省エネが必要なのかという重要性を学ぶことができます。

  • 思考力・判断力表現

    キャッチコピーとして短いフレーズを通して省エネを人に勧めるワークを行うことで、省エネの重要なポイントは何か、知識を整理し、情報を取捨選択し、表現する力が養われます。

  • 学びに向かう力・態度

    ワークシートを記入するにあたり、クラスメイトと意見交換を行うことで実生活の中で省エネについてできていること・できていないことについて気付くことができます。

学習の流れ

  • 1.博報堂の紹介
  • 2.キャッチコピーとは
     身近なCMや広告を取り上げ、キャッチコピーの概要を学ぶ
  • 3.日本のエネルギー事情
  • 4.なぜ省エネをする必要がある?
     →意見交換を行う
  • 5.みんなが取り組んでいる省エネ活動は?
     →意見交換を行う
  • 6.できていないけどやったほうがいい省エネは?
     →意見交換を行う
  • 7.なぜ省エネ行動をする必要がある?(グループワーク)
     →意見交換を行う
  • 8.キャッチコピーを考えよう(グループワーク)
     →最後に各班一つずつベストキャッチコピーを発表


  • 生徒の興味関心UPポイント

    自分たちに馴染みのあるCMをフックに、エネルギー(省エネ)の文脈でキャッチコピーを考えることができるので、実生活とのつながりを感じ、親しみをもってワークに取り組むことができる。キャッチコピーの中で、自身の表現をアウトプットすることで、面白いアイデアを考えたり、他者の意見から想像力をふくらませることができる。

  • 学習場所

    教室

  • 準備物

    ・スライド投影用スクリーンやモニター
    スライド資料 (PPT)
    ワークシート (印刷用PDF)

この記事に関連するタグ

  • 関連するタグはありません
Contact
学習コンテンツ検索についてのお問い合わせ
エネルギー教育推進事業事務局
〒104ー0061 東京都中央区銀座7-17-2
 アーク銀座ビルディング4F
株式会社ヴァリアス・ディメンションズ内
 エネルギー教育推進事業事務局
お問い合わせ先
[営業時間] 平日10:00~12:00、13:00~18:00(土・日・祝日を除く)
ページトップ ページトップ