授業コンテンツ

もしも電気がなくなったら?

a-school
メイン画像
  • 科目
    理科社会科総合的な学習の時間
  • 対象学年
    小3小4小5小6
  • 必要時限
    2時限

こんなときに!

「省エネルギー」や「エネルギーの安定供給」について、生徒自身に自分ごと化して理解を深めてもらいたいときに

こんなときに

授業事例の特徴

学校・家庭といった日常生活を起点に、電力が十分にない状況やその原因を想像することで、実際のエネルギーにまつわるリスクや諸問題への関心を高め、理解を促進します。

学習の目標及び評価の観点

  • 知識・技能

    「機器と電力量の関係、及び家庭でのエネルギー使用状況」「日本のエネルギー自給率と自然災害・国際情勢などのエネルギーに関するリスク」などについて学ぶことができます。

  • 思考力・判断力表現

    万が一ありうるかもしれない極端な状況を想像して、もしそのような状況になったらどのように対処すべきかを考える力を養います。

  • 学びに向かう力・態度

    日常の暮らしのなかでの「(自身の)電力の使用」や「エネルギーに関連するニュース」に関する興味関心を育みます。

学習の流れ

  • 1.現在の家庭や学校での電気の使用状況を知る・考える(クイズ)
  • 2.電気が十分に使えない状況での暮らしを想像する(ワーク)
  • 3.国全体が電気不足に陥るリスクについて想像する(ワーク)
  • 4.実際のエネルギーにまつわるリスクについて知る(解説)


この記事に関連するタグ

  • 関連するタグはありません
Contact
学習コンテンツ検索についてのお問い合わせ
エネルギー教育推進事業事務局
〒104ー0061 東京都中央区銀座7-17-2
 アーク銀座ビルディング4F
株式会社ヴァリアス・ディメンションズ内
 エネルギー教育推進事業事務局
お問い合わせ先
[営業時間] 平日10:00~12:00、13:00~18:00(土・日・祝日を除く)
ページトップ ページトップ