授業コンテンツ

ベストな発電プランを考案せよ!~ゲームで国のエネルギー戦略を体感しよう~

八王子市立いずみの森義務教育学校
noimage
  • 科目
    理科総合的な学習の時間
  • 対象学年
    中1中2中3
  • 必要時限
    1~2時限(ゲームとふり返りのみ。事前学習・事後学習は除きます。)

こんなときに!

楽しみながら学びを深めたいときに。
グループで対話をしながら発電計画を立て、ゲームのポイントを競い合う中で、学んだことのアウトプットができます。
特別な準備は必要ありません。教員用の端末を用意するだけで、簡単に実施できます!!

こんなときに

授業事例の特徴

ゲームの中で、自分が発電を計画する立場(=国:現状でのエネルギーを消費する立場と逆)を経験することができます。
決まった予算の中でどのような発電戦略を立てるかグループで検討します。
★発電計画を立てる中で、それぞれの発電方法のメリット・デメリットを再確認することができます。
★バランス良く発電方法を組み合わせることでリスクが低下し、安定供給につながることを実感できるようにします。
★ゲームの中に温暖化の原因となる二酸化炭素の排出量を組み込むことで、地球温暖化への意識を高められるようにします。

学習の目標及び評価の観点

  • 知識・技能

    日常生活や社会と関連付けながら、エネルギーとエネルギー資源、科学技術の発展についての基本的な概念や原理・法則などを理解する。

  • 思考力・判断力表現

    日常生活や社会で使われているエネルギーやエネルギー資源、自然環境の保全と科学技術の利用の在り方について、科学的に考察して判断している。

  • 学びに向かう力・態度

    ゲーム中で自らが発電を計画する立場となり、決まった予算の中でどのような発電計画を立てるか、見通しをもったり振り返ったりするなど、科学的に探究しようとしている。

学習の流れ

  • 【 1. 事前学習 】
    教科書(中学校3年生 理科 など)を用いてエネルギー資源や発電方法、日本のエネルギー事情等に関して学ぶ。SDGzについても触れておくと良い。
    ※ 以下の副教材も用いて学習することも可能
    『かがやけ!みんなのエネルギー』[小学校・児童向け・教員向け]
    『わたしたちのくらしとエネルギー』[中学校・生徒向け・教員向け]
  • 【 2. ゲーム(本コンテンツを使用) 】
    ① グループで発電計画の話し合い
    ② ゲームで得点を競う
    ③ ふり返り
  • 【 3.事後学習 】
    ~持続可能な社会の実現に向けて学びを深める~ 
    ① カーボンニュートラルについての調べ学習(企業の取り組み・新しい技術等)
    ② 自分自身にできることを考える(省エネ・消費者として等)

この記事に関連するタグ

  • 関連するタグはありません
Contact
学習コンテンツ検索についてのお問い合わせ
エネルギー教育推進事業事務局
〒104ー0061 東京都中央区銀座7-17-2
 アーク銀座ビルディング4F
株式会社ヴァリアス・ディメンションズ内
 エネルギー教育推進事業事務局
お問い合わせ先
[営業時間] 平日10:00~12:00、13:00~18:00(土・日・祝日を除く)
ページトップ ページトップ