授業コンテンツ

エネルギーデータ まるっと World Map!

加古川市立加古川中学校
メイン画像
  • 科目
    理科社会科総合的な学習の時間
  • 対象学年
    中1中2中3
  • 必要時限
    1~4時間(教員の工夫次第)

こんなときに!

主に社会科で、エネルギー環境教育授業を実施するとき

こんなときに

授業事例の特徴

世界地図に示された8種類のデータをもとに、エネルギー教育の4つの視点ごとに学習できる。
資源エネルギー庁発行の副教材「わたしたちのくらしとエネルギー」を活用しながら学習できる。
SDGs の達成に向けた社会づくりとの関連がわかるように工夫している。
世界地図に示された11か国の主なデータがいつでも見られ、教員の工夫でさらに活用の幅が広がる。

学習の目標及び評価の観点

  • 知識・技能

    ・日本のエネルギー自給率は諸外国に比べてもとりわけ低いことを理解する。
    ・産業革命以降の化石燃料の消費による二酸化炭素の大量排出が、地球温暖化の主な原因と知る。
    ・主な国の一次エネルギー供給量や発電電力量の構成を知る。
    ・一人当たりの一次エネルギー供給量からエネルギーの節約している国がわかる。

  • 思考力・判断力表現

    ・エネルギー安定供給の取組が重要であることに気づく。
    ・国内外で実施すべき地球温暖化防止への取組を考える。
    ・エネルギーのメリット・デメリットをとらえ、持続可能なエネルギー安定供給のためのエネルギーや電源の構成を考える。
    ・GDP あたりのエネルギー供給量から、省エネ状況を判断することができる。

  • 学びに向かう力・態度

    ・日本及び世界のエネルギー事情に関心をもち、自ら調べようとする。
    ・家庭や学校、地域で自らができる地球温暖化防止活動に取り組もうとする。
    ・多様なエネルギーに関心をもつとともに、未来のエネルギーを調べようとする。
    ・世界の省エネ事情を知り、家庭や学校、地域で自らができる省エネ活動に取り組もうとする。

学習の流れ


  • 授業計画はコチラ(Word)
  • 〇エネルギーの安定供給の確保
    ・エネルギー自給率
    ・一次エネルギー供給量
  • 〇地球温暖化問題とエネルギー問題
    ・エネルギー起源 CO² 排出量
  • 〇多様なエネルギー源とその特徴
    ・一次エネルギー供給構成
    ・発電電力量構成
    ・水素産業に関わる特許の 2010-2019 年間の国別トータルパテントアセット
  • 〇省エネルギーに向けた取組
    ・一人当たりの一次エネルギー供給量
    ・GDP あたりのエネルギー供給量

この記事に関連するタグ

  • 関連するタグはありません
Contact
学習コンテンツ検索についてのお問い合わせ
エネルギー教育推進事業事務局
〒104ー0061 東京都中央区銀座7-17-2
 アーク銀座ビルディング4F
株式会社ヴァリアス・ディメンションズ内
 エネルギー教育推進事業事務局
お問い合わせ先
[営業時間] 平日10:00~12:00、13:00~18:00(土・日・祝日を除く)
ページトップ ページトップ