教材配布

出前授業 施設見学 動画・デジタル教材 実験・ゲーム教材
カードゲーム“エネルギー大臣になろう!“

中学1~3年生 理科 社会科 総合 出前授業 施設見学 動画・デジタル教材 実験・ゲーム教材

J-POWER電源開発株式会社

概要

「エネルギー大臣になろう!」とは? 温暖化、異常気象、オイルショック、エネルギー価格の高騰、戦争、政変、原子力事故、反対運動、技術革新…?建設費は?発電コストは?エネルギーの政策を決めるには、考えることがいっぱい。このワークショップでは、国の経済力・資源条件の制約下で、理想のエネルギーバランスを皆で考えます。発電所カード、国カード、イベントカードを使い、一国のエネルギー大臣となってエネルギー政策を行うオリジナルカードゲームを体験して、地球の未来を考えてみましょう。

対応学年 対応教科 学習指導要領の内容
小学3年
理科 電気の通り道
総合
小学6年
理科 電気の利用
総合
中学1年
理科 身近な物理現象(力の働き)
総合
中学2年
理科 電流とその利用(電流と磁界)
家庭分野 消費生活・環境(消費生活・環境についての課題と実践)
技術分野
エネルギー変換の技術(生活や社会を支えるエネルギー変換の技術) エネルギー変換の技術(生活や社会における問題) エネルギー変換の技術(これからの社会の発展とエネルギー変換の技術の在り方)
総合
中学3年
理科
運動とエネルギー(力学的エネルギー) 科学技術と人間(エネルギーと物質) 科学技術と人間(自然環境の保全と科学技術の利用)
社会科 近現代の日本と世界(現代の日本と世界)
総合

学習の流れ
想定時限数 3~4時間

学習1

参加者が仮想の国のエネルギー大臣となり、参加者同士の対話を通じて、発電所を建設するゲーム。 国が必要とする発電量を満たしつつ、かつそれぞれの電源の特徴を踏まえて政策として掲げる電気料金や稼働率、自給率、環境負荷の達成度合いを競い合う。 ゲームは2ターン制で、第1ターンと第2ターンでは10年程度のタイムラグがあり、また発電所建設後には地震や戦争、電池技術革新など電源のパラメータに影響を及ぼす様々なイベントも発生する。 ゲーム実施後には建設の経緯を報告し合ったり、講師からの解説をしたりとエネルギーへの学びを深める時間を設定している。

中学校、高校のエネルギー教育の一環として大学のエネルギー関連授業やサークル(環境等)のイベントなどに。
いわゆるアクティブラーニングの手法を取り入れ、電源(エネルギー)の選択という答えのない課題をテーマに、対話して学び合うことで、自分事として捉えることがポイント。エネルギーの現実を理解することと生徒の自主性を発揮することの両面を実現する。

知識・技能

世界や日本の資源・エネルギー利用の特色や現状、環境とエネルギーの課題をゲームや話し合いを通じて理解する。

思考力・判断力・表現力

各電源の特徴を踏まえた上で、現状を踏まえ将来的に向けてどのように考えて選択したかを発表する。

学びに向かう力・
態度

自らが大臣となり、話し合い決定することで主体的にエネルギー問題の課題解決のために思考する。

お問合せ先 J-POWER 電源開発株式会社 広報部 広報室 担当:多比良(たいら)、山本
TEL:03-3546-2211  MAIL:ecoene@jpower.co.jp

ページトップ ページトップ